「牛スジ豆腐」


ホッピー&ヤキトンがマイブームで、「今日のラルゴ」 にそんなことを書いていたら、思いがけない反響をいただいた。

「オレも2年前ぐらいから密かに飲んでますよー。旨いスよねー、ホッピー」とメールを送ってくれた彼は、万年青年の風貌で、こんな人もホッピー飲むか、とラルゴ・ユーザーさんのコアさ加減に驚いた。

そんなある日、「今日は頑張って働いて、ヤキトンにホッピーだぁー!」みたいなこと書いたンだと思う。
閉店間際に電話が鳴り、「ホッピーだのヤキトンだの見てたら、飲みたくなっちゃって、ヤじゃなかったら、一緒に、新橋で飲みましょうよ」 と、ラルゴでも指折りの酒飲みから Love Call !? 。

嬉しかったなぁ。

そのTさんは、ホッピー 、ヤキトン、ピッタリはまる飲んべえで、「そっか、そっかぁ。ホッピーは、好みで加減できるのが、イーよねぇ」

※注 ホッピーは、安い焼酎をホッピーという炭酸飲料で割って飲む酒で、ビールが高級品だった時代(今でも生ビールは高嶺の花だ)、酒飲みが酔いの効率を考えて編み出した優れた飲み物。焼酎にホッピーを混ぜる加減で、ソフト、ノーマル、ハード(こんな言い方を正式にはしない。濃さ加減を表現するワタシの思いつき)に酔いのスピードを調整できる。

なんて話していて、ヤキトン、煮込みに必然的に話は及んだ。

「のんだくれ@きっちん」
第一話は、そのTさんに教わった牛スジ料理。


材料 
牛スジ肉、木綿豆腐、卵、長ネギ、ショウガ、ニンニク、赤唐辛子、焼酎、しょう油、ミリン


店の近所の食材屋で調達した牛スジ肉。
100g \72 也。

今回、使ったのは800g。

   

鍋にたっぷりの湯を沸かし、牛スジ肉を入れ、煮立ったら火を弱める。

ちょっと引いてしまうぐらいのアクがでるので、5分-10分ほど茹でたら、ザルに上げて水洗いする。

同じ工程を2度繰り返す。(別鍋かヤカンにお湯を沸かしておくと楽)

   

下茹で完了。

大きい肉は、食べやすい大きさに切る。

   

鍋をきれいに洗い、今度は水から牛スジ肉を茹でる。

煮立つとまたアクが出るので、取り除き、ココで焼酎を投入。カップ1杯ぐらい入れたかな。
当然、飲みも開始!
焼酎がなければ日本酒でもOKだろうし、モノの本によるとビールでやる人もいるらしい。

煮立ったら火を弱める。

   

しばらくしたら(アルコールが飛んだら)、ネギの青いとこ、ニンニク、薄切りにしたショウガを加える。

写真ではニンニクがやたらにあるが、こんなにはいらないと思う。

この野菜類は、冷蔵庫にしなびて残っているタマネギ、ニンジン、セロリなどでも代用できる。・・・と思う。

   
失礼!
上記の材料に加えて、赤唐辛子も1本入れた。

泡がフツフツ沸くぐらいに火を弱め、フタをして1時間、気長に茹でる。
(フタをすると牛スジ肉の臭みが出るという人もいるようだけど、下茹でをしっかりしたし、まぁ、いいっかぁ、とフタをした)
   

1時間経過。1時間半だったかも知れない。
牛スジ肉はすっかり軟らかくなり、本人はすっかりご機嫌になっている。

ココで味付け。
しょう油をカップ1杯、ミリンカップ1/2杯、それに飲み差しの焼酎も、またちょっと入れたと思う。もしかしたら、ほんの少し砂糖も入れたかも。

   

味の加減はお好みで。
牛スジ肉から良いダシが出ているので、しょう油とミリンを入れ、味見して、旨いスープになっていたら、あれこれいじらない方が良いかも。

こんなもンかと決めたら、ゆで卵を投入。

   

続いて豆腐も投入。
一丁を厚さ半分にして、それを1/2にしたけど、これもお好みで。

で、また限りなく火を細めて、フツフツと沸くぐらいの火加減にしたら、フタをしてさらに1時間。

   

どうですか?
いい感じでしょ。

すでに本人は、相当調子良くなってるので、ピントが合ってない。
しかも、いつの間にか、ネギの白いとこなんかも入っちゃってるけど、いつ投入したんだか。 (きっと豆腐の直後)

   

できあがり。

あまりに腹が減っていて、盛りつけや、完成図の写真(これが肝心だったのに!)もソコソコに、箸を付けてしまった。

ハッと気づいて、ネギのみじん切りを散らしたけど、その辺の細かい事抜きにしても絶品!!

   


・ビギナーズラックという言葉もあるが、この料理に関して言えば、下茹でを丁寧にする、火加減を細くしてじっくり煮込むをきちっとやれば、失敗することはまずないと想像する。

・メインで買い出した牛スジ肉、豆腐、卵、締めて4人分 \800。コストパーフォーマンスの高い料理。

・食べ物に保守的なうちのチビですら、美味しいと言ってご飯に載せて食べていた。豆腐を入れずに牛丼風もありかも。酒飲みでなくてもはまる。

・作ってすぐより、翌日ぐらいの方が味がなじんで美味しいはず。また、もし気持ちに余裕があるなら、味付けの前に30分でも1時間でも、火を止めて鍋ごと一度冷ましてやると、旨味は更に増す。その間に他の食材を買い出しに行ってもイイかも。

・今回は、ダッチオーブンで調理したが、土鍋でも充分いけると思う。普通の鍋でやるなら、火加減を注意して、煮詰まってしまうのを気づかってやれば、シチューなんかより手軽にできる。オススメ!!